10.光回線の勧誘に関する相談事例

「ネットが安くなる」と言われ契約したが話が違う

 

現在利用中の通信会社を騙る業者から電話があった。光回線等の一か月の利用料が2千円程度安くなると言われ、プラン変更だと思って了承した。業者に光回線の転用番号を取るように言われて手続きしたところ、後日、書類が送られてきて、別会社だと分かった。今の通信会社を変えたくないので契約をやめたい。

消費者センターからのアドバイス

平成27年にNTTが「光回線サービスの卸売」を開始したことにより、光回線の卸売を受けた事業者が様々な勧誘を行っており、料金体系や契約が複雑であるにも関わらず、十分な説明がされていないケースもあります。契約する前に、事業者名、毎月の通信料・オプション契約料、工事費や手数料、メールアドレスが変更にならないか、現在使用している光回線契約の解約料が発生しないか、等をよく確認しましょう。

 

光回線の契約は、電気通信事業法の「初期契約解除制度」の対象です。契約書面が届いた日を含めて8日間以内に書面で申し出れば解約料の負担なく契約解除ができます。ただし、事務手数料や工事費、すでに利用したサービスの料金は請求されることもあります。

消費者ホットライン 188