眼鏡の不適合による体調不良等に注意!   -眼鏡は処方箋をもとに作成し、目の健康を守りましょう-

10月1日はメガネの日。10月10日は目の愛護デーです。

目に関する最も身近な製品である眼鏡は本来、視機能をサポートするためのものですが、事故情報データバンクには、合わない眼鏡を作製され、その眼鏡を掛けることで頭痛、めまい、目の不調等が生じた等との情報が寄せられています。

 

眼鏡を作る際には、以下の点に注意しましょう。

  1.  眼科医を受診し眼鏡の使用用途に沿った処方箋をもとに眼鏡を作製してもらえば、目の病気の早期発見にもつながります。特に、子どもは正確な屈折(度数)や視力を測るためには眼科医の受診が必要です
  2.  眼鏡が合わない場合には、眼鏡の問題以外に目の病気の可能性もあります。眼疾患がないかどうか、処方どおりに眼鏡が作製されているかなど、眼科医に確認をしてもらいましょう
  3.  価格や利便性だけでなく、サービス内容に納得できる眼鏡店を選びましょう

 

 

消費者庁公表資料:眼鏡の不適合による体調不良等に注意! -眼鏡は処方箋をもとに作製し、目の健康を守りましょう-[PDF:1.4KB]

千葉県