宅配便業者を装った「不在通知」の偽SMSにご注意

宅配便業者を装った「不在通知」の偽SMSに注意しましょう-URLにはアクセスしない、ID・パスワードを入力しない!-

全国の消費生活センター等には、宅配便業者を装った「不在通知」の偽SMSに関する相談が寄せられています。

消費者に送られてくるSMS(ショートメッセージサービス)には偽サイトに誘導するためのURLが記載されており、相談事例では、偽サイトにアクセスして不正なアプリをインストールした結果、同じ内容のSMSが自身のスマートフォンから自動的に多数の宛先に送信されてしまい、身に覚えのない通信料を請求されるケースがみられます。

また、アクセスした偽サイトで入力したID・パスワード、暗証番号、認証コード等が携帯電話会社のキャリア決済などで不正利用されて、身に覚えのない請求を受けるケースもみられます。

  1. 消費者のスマートフォンに、「お客様宛にお荷物のお届けにあがりましたが不在の為持ち帰りました。下記よりご確認ください」という内容の偽SMSが送られてきます。
  2. 送られてきたSMSには偽サイトに誘導するためのURLが記載されています。
  3. ケース1では、偽サイトにアクセスして不正なアプリをインストールした結果、消費者のスマートフォンから同じ内容の偽SMSが多数送信されて、身に覚えのない通信料が発生します。
  4. ケース2では、偽サイトにアクセスしてID・パスワード等を入力した結果、キャリア決済などを不正利用されて、身に覚えのない請求を受けます。

消費者へのアドバイス

  1. SMSやメールで「不在通知」が届いても、記載されているURLには安易にアクセスしないようにしましょう。
  2. URLにアクセスした場合でも、提供元不明のアプリをインストールしたり、ID・パスワード等を入力したりしないようにしましょう
  3. 不正なアプリをインストールした場合にはスマートフォンを機内モードにして、アプリをアンインストールしましょう
  4. 偽サイトにID・パスワード等を入力してしまったら、すぐに変更しましょう
  5. 迷惑SMSやメール、ID・パスワード等の不正利用への事前対策をしておきましょう
    • 携帯電話会社の対策サービスやセキュリティーソフト等を活用しましょう
    • ID・パスワード等の使い回しはやめましょう
    • キャリア決済の限度額を必要最小限に設定するか、利用しない設定に変更しましょう
  6. 不安に思ったりトラブルに遭ったりした場合は最寄りの消費生活センター等に相談してください

 

【国民生活センターHP】宅配便業者を装った「不在通知」の偽SMSに注意しましょう-URLにはアクセスしない、ID・パスワードを入力しない!-

千葉県

消費者ホットライン 188